岡山操山高等学校 校長 近藤 治

 岡山操山高等学校通信制課程は、平成29年度、通信制教育70周年を迎えました。
本校の通信制課程は、昭和23年2月に本校の前身である第一岡山高等女学校に通信教育部が設けられたことに始まります。
 現在は、2学期制を導入し、学期ごとに単位認定を行うことで、前期卒業と後期入学が可能となりました。また、NHK高校講座の活用など履修形態の工夫や各科目の自学自習を進めるためのホームページの充実、進路指導や教育相談の充実、ICTを活用した学習支援システムの導入活用など、多様なニーズや状況に応じて学ぶことのできる学習環境が整うとともに、学び直しの機会の提供や自立支援等の面でも、大きな役割を果たしています。
 本校通信制課程は、創設以来、5,000名近くにのぼる卒業生を送り出してきました。スクーリングやレポートに取り組み、卒業の栄冠を手にした先輩たちは、岡山操山高等学校通信制課程を卒業した自信と誇りを胸に各地で頑張っておられ、母校の発展、後輩たちの活躍に熱い思いを寄せてくださっています。
 県内で唯一の県立の通信制課程として、いつでもどこでも学べ、きめ細やかな指導ができる通信制教育の特性を十分に生かしながら、「自ら学ぶ力」の育成に向けた基本的な学力の充実や、生徒が主体的に自らの人生をたくましく切り拓いていくための人間教育を、今後とも、本校教職員一同、心を合わせて進めていきたいと考えています。