岡山県立岡山操山高等学校

岡山操山中学校 通信制課程
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
086-272-1241
086-272-1721
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
文字サイズ

校長あいさつ

 岡山県立岡山操山高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 この度の異動で着任しました校長の武内洋二です。どうぞよろしくお願いします。

 昨年度末から新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、例年とは違う年度末、年度始めを迎えることとなりましたが、例年以上に暖かく穏やかな日差しの下4月8日に入学式・始業式を行い令和2年度がスタートしました。

 本校は、明治33年開校の岡山県高等女学校(旧制一女)及び大正10年開校の岡山県第二岡山中学校(旧制二中)を母体とし、昭和24年に統合され岡山県立岡山操山高等学校となり、幾多の有為な人材を国内外に送り出してきた県内屈指の伝統校で、昨年度創立120周年を迎えました。旧制一女からは「和して流れず」、旧制二中からは「松柏」の精神を受け継ぎ、県民や地域、保護者の皆様からの期待に応えるべく、高い志や確かな学力、豊かな人間性を身に付け、郷土岡山や日本そして世界をよりよいものに変えていく「真のリーダー」を育てる教育を実践しています。

 SGHでは、「グローバル・リーダー」に必要な資質・能力を「幅広く深い教養」「課題解決能力」「コミュニケーション能力」「リーダーシップ」「社会貢献の意識」の5つと定め、世界の諸課題に果敢に挑戦するプロジェクト(探究)学習を進める「未来航路」や「SOZAN国際塾」、対話的・主体的で深い学びに向け授業進化を進める「GLOBAL STUDIES」等により、これら5つの資質・能力の向上を総合的に図ってきました。

 今年度からは、SGHの取組をさらに深化させるべく、『「すべての人が身体的、精神的、社会的に幸福”Well-being”な社会の実現」を目指し、自ら考え、主体的に行動し、責任を持って社会変革を実現していく力を備えたグローバル・リーダーの育成』を目指して教育活動を展開していきます。大きな教育目標に向けて、生徒たちが真摯に自己研鑽に努め、 次の時代を自ら切り拓き、歴史の進歩や社会の発展に貢献する人間として大きく成長できるよう「オール操山」で支えていきたいと思います。

令和2年4月   岡山県立岡山操山高等学校長 武内 洋二