岡山県立岡山操山高等学校

岡山操山中学校 通信制課程
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
086-272-1241
086-272-1721
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
文字サイズ

生物

活動日 平日随時
活動場所 第一生物教室・畑・温室
キャプテンから一言 生物をこよなく愛している部活です!
頑張ろう日本!!

校誌「操山」№61より紹介(平成29.3.1発行)

 「何部に入っているの?」と聞かれ、「生物部。」と答える。皆さんは問うた人の次の反応がお分かりだろうか。二つのパターンがある。一つ目はそもそも「生物部」という部活動がこの操山に存在することを知らなかったという驚き。二つ目はただただどん引いたような驚き。実に不快だ。
 たしかに部員が集まった日には濃密な生物トークが交わされる。その情熱は半端ではない。常に生物に萌えているのである。私たち生物部員が愛でているアフリカツメガエルの「白石さん」やヒドラ、プラナリア、アルテミアたちは松柏祭等で展示しているため是非とも会いに来て欲しい。
 部員もついに二人となってしまった。野菜を育てて食べたい人、小動物を飼ってみたい人、裏に秘めていた生物に対する情熱をぶちまけたい人、どんと来い。我々も大歓迎だ。

校誌「操山」№60より紹介(平成28.3.1発行)

この部の魅力を尋ねられたとき、私はたいてい「『好き』を共有できるところ」と答える。部員たちは皆、生物に対する知識欲、あるいは生物に萠えを感じとる能力を持っていて、そういった部員同士で交わす生物トークはこの部の醍醐味なのだ。
 今年度、生物部は松柏祭でヒドラの展示や微生物ストラップ作りなどを行った。また、科学部からのお誘いで十月に行われたサイエンスチャレンジに二年生二名が参加した。部員数四人というなかなか苦しい状況にあるこの部だが、積極的に活動を広げていくことを目標としたい。
 もちろん新入部員も募集中。生物の授業でピカイチに輝きたい人、生命の神秘に悶えている人、いきものの取扱にイカした技術とセンスを持っている人、ぜひとも来部いただきたい。
 生物のトビラは常にみなさんの前に開かれているし、生物部は常にみなさんをウェルカムしているのである。

校誌「操山」№59より紹介(平成27.3.1発行)

生物部は普段三号館一階の一角、第二生物教室で活動している。しかし、時には生物教室の横にある自作の畑でスイカやじゃがいもを栽培してみたり、またあるときには渋川までウミホタルの採取に赴いたりと、活動内容は多種多様である。
 しかし生物部が最も精力的に活動する時期はなんといっても松柏祭の時期であろう。生物部では毎年松柏祭二日目に、日々の活動の紹介を兼ねて展示を行っている。今年度は昨年に引き続き眼の錯覚に関する展示や、プラスチック板を使った微生物のキーホルダー作りを行った。また、昨年度はできなかったウミホタルの発光実験も実施することができ、来校者の好評を博した。
 だが松柏祭の熱気も過ぎ去り秋が深まるにつれ、生物たちと同じように生物部も冬眠の季節を迎える。なぜなら三年生が引退した現在、生物部は二年生一人、一年生二人という非常にさびしい部になっているからだ。
 また春に冬眠から覚められること切に願うばかりである

校誌「操山」№58より紹介(平成26.3.1発行)

 白石さんは我が部のアイドルである。白石さんは未亡人である。白石さんはぱっちりとした瞳を持っている。白石さんは色白のスベスベ美肌美人である。我々はそんな白石さんと日々たわむれて過ごしている。こんな生物部、現部員?人。
 あなたは生物部をご存知だろうか。毎週金曜、第二生物室で私達は、名前のとおり生物と共に過ごしている。夏場には生物室横の自作畑でジャガイモを育てたり、松柏祭や新入生歓迎会では生物の展示や微生物キーホルダー作りをしたりしている。他の部活と違い、あまり一致団結して何かを成すことのない部活だが、皆でウミホタルを採りに行ったり、畑の草抜きをしたりと、何だかんだ言って仲の良い部活だ。最後に、
 白石さんは優雅に水泳を楽しんでいるし、白石さんはティータイムが好きであるが、白石さんは結局のところアフリカツメガエルだったりする。そして生物部は結局のところ楽しい部活だったりする。

校誌「操山」№57より紹介(2013.3.1発行)

 「目立たない部活と言えば?」
 「生物部」
 そんな答えが返ってくる部活をこれから紹介したいと思います。
 生物部は現在、十数名で活動を行っています。今一番力を入れているのは、水槽中での生態系の形成です。これは、土・水草・魚貝類の相互作用を利用して自ら生態系を作ろうというものです。又、文化祭やオープンスクールでの展示のために小さなテーマもいくつか見つけ日々研究などを行っています。
 高校での三年間。それをあなたはどう使いますか。部活・勉強・趣味、人それぞれでしょう。限りのある時間ではありますが私たちはその時間を生物部に使っています。そんな活動の成果は来年の新入生歓迎会・オープンスクール・松柏祭で見せられると思います。
 もし、この文章を読んで少しでも興味を持ってくれた人は是非、立ち寄って下さい。