岡山県立岡山操山高等学校

sghロゴ
岡山操山中学校 通信制課程
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
086-272-1241
086-272-1721
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
文字サイズ

卓球

活動日 月曜日から金曜日  放課後 18:30まで
土曜日  午前または午後
活動場所 第一体育館上 第二体育館
キャプテンから一言 男女ともに中国大会出場を目指して日々努力しています。

  

栄光の記録

平成28年度

  • 全国・中国高等学校卓球選手権大会 岡山県予選会 男子ダブルス ベスト16
  • 岡山県高等学校夏季卓球大会 1年生男子シングルス ベスト16
  • 岡山県高等学校秋季卓球大会 男子学校対抗 3位
  • 岡山県高等学校卓球新人大会 男子学校対抗 3位

平成27年度

  • 平成27年度全国・中国高等学校卓球選手権大会岡山県予選会
    • 女子ダブルス ベスト16
    • 男子シングルス  24位  中国大会出場
    • 女子シングルス  21位  中国大会出場
    • 女子シングルス  23位  中国大会出場

平成25年度

  • 第41回全国高等学校選抜卓球大会中国地区予選会(1/31(金)~2/2(日))
  • <山口県キリンビバレッジ周南市総合スポーツセンター>

    卓球部男子が新人戦男子団体4位になり,中国大会に出場しました。

    • 予選リーグ第1試合 3-1 早鞆  (山口5位)
    • 予選リーグ第2試合 0-3 松徳学院(島根1位)
    • 予選第2位となり,2・3位トーナメントに進出

    • トーナメント1回戦 3-1 岩国工業(山口6位)
    • トーナメント2回戦 0-3 出雲西 (島根3位)
    • トーナメントベスト8になりました。

    1.31

    冬の中国大会に出場するのは久しぶりで,勝つことは難しいと思っていましたが,部員達の努力でリーグ戦1勝,トーナメント1勝することが出来ました。
    つぎは県総体に向けて頑張ります。応援宜しくお願いします。

  • 第58回 岡山県高等学校卓球新人卓球大会
    • 男子団体 ベスト4(3位決定戦敗退により4位)
    • 女子団体 ベスト8(5~8位決定リーグで4位となり7位)

    前回の秋季大会の結果を受けてシードが決まり,中国選抜の県予選を兼ねた団体戦が行われました。男子は倉敷商業,倉敷青陵,興陽に勝利し秋季大会に続いてベスト4になりました。その後,3位決定戦で金光学園に2-3で敗退し,第4位で5位まで出場できる全国選抜中国地区予選会に出場が決まりました。
    女子は岡山白陵,玉野商業に勝利し,県総体・秋季大会に続いてベスト8を守ることができました。その後5~8位決定戦で玉島商業に3-2で勝利,金光学園に2-3で敗退,岡山後楽館に3-2で勝利しましたが,金光学園・玉島商業にセット率で負けて7位になり,6位まで出場できる中国選抜には行けませんでした。1本の重み,1ゲームの重みを感じる試合でした。
    男子は2月1日~2日に山口県周南市スポーツセンターで行われる全国選抜中国地区予選会に出場します。応援宜しくお願いします。

  • 第58回 岡山県高等学校卓球新人卓球大会
    • 男子ダブルス ベスト16 大野・赤澤,石毛・西
    • 女子ダブルス ベスト16 小野・塩月

    ダブルスは本当によく頑張りました。なかなかベスト16に入ることは難しいところで勝負強く勝っていきました。次のインターハイ予選に繋がる大事な大会で勝利でき良かったと思います。

 

12.25
  • 第55回 岡山県高等学校秋季卓球大会
    • 男子団体 ベスト4(3位決定戦敗退で4位)
    • 女子団体 ベスト8(5~8位決定リーグで4位となり8位)

    新チームでの団体戦が行われました。男女とも予選リーグを1位で通過し,男子は倉敷青陵,玉野光南,岡山芳泉に勝利し5年ぶりのベスト4になりました。女子は岡山大安寺,倉敷南に勝利し,県総体に続いてベスト8を守ることができました。12月末の新人戦に向けて弾みがついたと思います。新人戦で男子は5位まで,女子は6位まで中国選抜大会に出場できます。頑張って男女アベック出場を狙っていきましょう。

    11.4

    平成24年度

    • 第8回ニッタク杯争奪笠岡市卓球大会(1/7)
      • 男子団体 Aチーム(大野・赤澤・石毛) 準優勝
      • 女子団体 Aチーム(友直・前田・西川) 準優勝
    • 岡山県高等学校対抗卓球新人大会(12/23)
      • 男子ダブルス 大野隼輔・赤澤諒真 ベスト8
    • 笠岡市文化・スポーツ振興財団杯第20回年齢別卓球大会(11/23)
      • 男子ダブルス 大野隼輔・赤澤諒真 準優勝
      • 女子ダブルス 友直由衣・前田ちひろ ベスト4
      • 女子シングルス 友直由衣 ベスト4
      • 女子シングルス 前田ちひろ ベスト4
    • 第51回岡山県高等学校総合体育大会卓球競技(6/2~3)
      • 女子団体 第5位 中国大会出場

    平成23年度

    • 第39回全国高等学校選抜卓球大会岡山県予選会(12/24)
      • 女子シングルス 松永 理紗子 優勝 全国大会出場
    • 岡山県高等学校対抗卓球新人大会(12/23)
      • 女子団体 ベスト8
    • 岡山県高等学校秋季卓球大会(10/29~30)
      • 女子団体 ベスト8

    平成22年度

    • 岡山県高等学校対抗卓球大会兼津山市長杯争奪卓球大会(12/18~19)
      • 女子団体 ベスト8 中国大会出場
    • 笠岡市文化・スポーツ振興財団杯第18回年齢別卓球大会(11/23)
      • 男子シングルス 堺良平 3位
      • 女子ダブルス 古市悦子 松永理紗子 3位
      • 女子シングルス 松永理紗子 準優勝
    • 岡山県高等学校秋季卓球大会(10/30~31)
      • 男子団体 ベスト8
    • 第49回岡山県高等学校総合体育大会卓球競技(6/5~6)
      • 男子団体  中国大会出場
    • 全国・中国高等学校卓球選手権大会岡山県予選会(5/1~2)
      • 男子シングルス 村上勇也 中国大会出場

    平成21年度

    • 岡山県高等学校対抗卓球新人大会(12/19~20)
      • 男子団体 ベスト16
    • 笠岡市文化・スポーツ振興財団杯第17回年齢別卓球大会(11/22)
      • 男子シングルス 村上勇也 優勝
      • 優勝トロフィー
      • 男子ダブルス 村上勇也 堺良平 第3位
      • 女子ダブルス 古市悦子 住田加奈 第3位
    • 岡山県高等学校夏季卓球大会(8/21)
      • 2年男子シングルス 村上勇也 準優勝
    • 第48回岡山県高等学校総合体育大会卓球競技(6/6~7)
    •     

    • 全国・中国高等学校卓球選手権大会岡山県予選会(5/4~5)
      • 男子シングルス 田淵拓也 ベスト16  中国大会出場
      • 男子団体戦 ベスト4  中国大会出場

    10pingpong

    OB会より、卓球台を寄贈していただきました。ありがとうございました。

    OB会

    090815pingpong01 090815pingpong02
    8月15日(土)卓球部OB会&保護者会が開催されました。
    090815pingpong03 090815pingpong04
    OBさんvs現役の団体戦も行われました。
    090815pingpong05 080620pingpong01
    6月20日(土)21日(日)中国大会
    080620oingpong02 080620pingpong03
    一昨年度OB会から作製していただいた部旗

    平成20年度

    • 岡山県高校新人大会(2/8)
      • 男子シングルス 田淵拓也 ベスト16
    • 岡山県高校新人大会(津山大会)(12/20・21)
      • 男子団体 ベスト8
      • 女子団体 ベスト16
      • 男子ダブルス 田淵拓也・村上勇也 第3位
    • 岡山県高校秋季大会(11/1・2)
      • 男子団体 ベスト8
      • 女子団体 ベスト8
    • 全日本ジュニア県予選会(9/23)
      • 男子シングルス 村上勇也 準優勝
         
        天皇杯・皇后杯全日本選手権大会(ジュニアの部)出場
    • 岡山県高校夏季卓球大会(学年別大会)(8/28)
      • 2年男子シングルス 田淵拓也 ベスト8
      • 1年男子シングルス 村上勇也 準優勝
    • 国体卓球競技県予選(少年少女の部)(7/19・20)
      • 男子シングルス ベスト8 村上勇也
    • 岡山県総合体育大会兼全国高等学校卓球大会県予選会(5/31・6/1)
      • 女子団体 第7位 中国大会出場
    • 全国・中国高等学校卓球選手権大会岡山県予選(5/10・11)
      • 男子ダブルス 第3位 田淵拓也 村上勇也 中国大会出場
      • 女子シングルス 大野 沙織里 ベスト17 中国大会出場

    校誌「操山」№61より紹介(平成29.3.1発行)

     私たち卓球部は二年男子七人、女子六人、一年男子九人、女子六人の合計二十八人で活動しています。普段は基本練習、自らの課題を克服するための課題練習、実際の試合を意識して行うゲーム練習を軸として練習しています。
     日々の練習では、台や場所を広く使える時に集中して練習をしたり、攻守交えてゲーム練習をしたりすることで個々の課題を自覚してそれらを克服できるように、それぞれが工夫して練習をしています。
     現在のチームは、一年生、二年生の仲が良く、和気あいあいと活動しています。しかし、練習になると気持ちを切り替えて、互いに高め合いながら、集中して練習しています。今チームでの目標は、男子が中国大会出場、女子がベスト8に入ることです。そのために、部員一人ひとりが自分の課題を知り、それを克服し、目標を強く意識することで、これらの目標を達成できると思います。
     これから、目標に向かって男女共に精一杯練習に励み、目標を達成したいと思います。

    校誌「操山」№60より紹介(平成28.3.1発行)

    私たち卓球部は男子二年生五人、一年生六人の計十一人、女子二年生九人、一年生九人の計十八人、合計二十九人で活動しています。普段の練習は、基礎練習から始まり、それぞれの課題を自分で考え練習する課題練習、試合を想定したゲーム練習などをしています。
     現在の卓球部は男女合わせて二十九人という大人数で活動しています。そのため台や場所が広く使えるときに集中して練習したり、様々な戦型の人との練習やゲームをしたりして個々の課題などを知り、それらを克服できるように練習しています。
     今のチームは、一年生、二年生の仲が良く、和気あいあいと活動しています。しかし練習では気持ちを切り替えてそれぞれが集中して練習しています。今チームでの目標は、男子、女子共に中国大会に出場することです。そのために、部員一人ひとりが自分の課題を知りそれを克服し、目標を強く意識することで中国大会出場という目標を達成できると思います。
     これから、目標に向かって男女共に精一杯練習して、目標を達成したいと思います。


    平成26年度

    校誌「操山」№59より紹介(平成27.3.1発行)

     

    私達卓球部は、男子七名、女子十四名の計二十一名で、日々の練習を工夫して取り組んでいます。
     普段の練習時間は平日一~二時間、延長があっても二~三時間ほどで、土・日もどちらしか練習できないので、決して長い時間とは言えません。しかし、操山卓球部の成績としては、県大会で男女共に上位入賞し素晴らしい結果を残しています。
     新チームでも上位入賞を目指し、加藤先生の指導のもと男女共にエースを中心に各々の技術を磨き、日々精進しています。また、一つのチームとしても互いに切磋琢磨し、より強いチームになれるよう、日々努めています。
     今年度のチームの目標としては、前年度の偉業と同じく男女共に中国大会に出場することです。決して楽な道のりではありませんが、チーム一丸となり目標を達成できるよう頑張ります。

    平成25年度

    校誌「操山」№58より紹介(平成26.3.1発行)

     

    私達卓球部は、男子八名、女子十一名の計十九名で、日々の練習を工夫して取り組んでいます。
     普段の練習時間は平日一~二時間、延長があっても二~三時間ほどで、土・日もどちらかしか練習できないので、決して長い時間とは言えません。
     しかし、今年の操山卓球部の成績としては、県大会の団体で男子がベスト4、女子がベスト8とすばらしい成績を修めました。これからは、男女ともに、強豪校としての自覚を持ち、他の高校からも目標とされるように精進していきたいと思います。
     短い時間で密度の濃い練習を目指している私達は、まず基本練習をし、それから各自で課題練習をし、時には試合もしています。前回の試合での反省点を少しでも改善できるよう練習内容を考え、努力しています。
     これからも私達は一日一日の練習を大切にしてさらなる飛躍を目指したいと思います。

    校誌「操山」№57より紹介(2013.3.1発行)

     私達卓球部は、男子九名、女子十一名の計二十名で、「個性を大切に共に精進」をモットーに日々練習に励んでいます。
     普段の練習時間は平日一~二時間、延長があっても二~三時間ほどで、土・日もどちらかしか練習できないので、決して長い時間とは言えません。しかし、これまでの操山卓球部の成績としては、県大会ベスト4や中国大会出場など十分に輝かしい成績を修めています。残念ながら前回の大会で男子は勝ち進むことができませんでしたが、一年生の新しい戦力と共に、悔しさを胸に日々努力をしています。また女子はこれまでと同様、強豪校としての自覚を持って精進しています。
     密度の濃い練習を目指している私達は、課題練習を中心に練習しています。各自で自分に足りない点を考え、それによって練習内容を組み立て、時には互いに気付いた改善点などを伝え合い、技術を向上させています。
     このように私達は個人を尊重し、学年に関係なくアドバイスできるような雰囲気を作っています。そんな我らが卓球部、これからも良い成績を目指し日々精進を重ねていきます。