岡山県立岡山操山高等学校

岡山操山中学校 通信制課程
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
086-272-1241
086-272-1721
〒703-8573
岡山県岡山市中区浜412番地
文字サイズ

生徒会・各種委員会活動

生徒会組織図

seitokaisosiki

10seitokai01
 

 七色の光がスクリーンから壁へと飛び出した。あがる歓声、やまない拍手。熱狂の渦に巻き込まれた私の口から、自然と笑みが零れる。第六十八回にして初の試み、「プロジェクションマッピング」によってオーディエンスのボルテージが最高潮に達した瞬間である――。
 生徒会執行部の活動は、松柏祭や球技大会といった行事の準備・運営、センター応援や卒業ムービー等の企画・製作、意見箱に寄せられた生徒からの意見への返答に生徒会新聞〝東雲〟の発行等々多岐にわたる。こうした活動を通して操山生の学園生活に彩りを添えるべく、私たちは生徒会室へと足を運ぶのだ。
 そして、私たちが行ってきたそれらの活動が報われるのが、冒頭に書いたような瞬間である。試行錯誤を繰り返しながら一つの行事を創り上げるやりがいだけでなく、その中で私たちの企画が成功したときの達成感、誰かに感謝されるという喜び。これらをダイレクトに味わえるのがこの執行部の特徴だ。私たちが生徒会執行部としての経験とそこから得たものは、一生涯忘れることができないだろう。年度を替え、メンバーを替えて続く生徒会執行部で今年度、この十人で活動していることを誇りに思う。

10seitokai02

ある日の放課後、担任から手渡された達筆なメモ書きに従って職員室に行ってみたならば。なんとまあ、文化部委員会委員長という肩書きを手に入れてしまったではないか。文化部委員会委員長になって初の仕事が、この校誌 『操山』 の原稿である。とりあえず、好きに書いてみようと思う。
文化部委員会とは、各文化部の部長、副部長によって構成される委員会であるらしい。松柏祭や新入生歓迎会などの学校行事こそが文化部委員会の出番なのだそうだ。昨年の校誌に書かれている言葉を引用するならば、「文化部委員会とは、文化部による文化部のための、そして操山のための委員会」とうことらしい。
語尾が全て伝聞であるのは勘弁して頂きたい。とどのつまり、私にもよく分からないのだ。なんと言っても、初の仕事がこの校誌 『操山』 の原稿なのだから。
任期がいつまでか知らないが、委員長として、操山の一生徒として、全ての文化部をゆっくりのんびりまったりと応援していこう。

10seitokai03

私たち体育部委員会は各運動部の部長と副部長で構成されており、部と部が協力し、お互いに刺激し合うことで、それぞれの部がより成長することを目指して活動しています。
主な活動内容は、松柏祭の体育祭における招集・誘導・用具の準備などの係活動、効果的なトレーニング方法を学ぶために開かれる講演会の運営、各部の部員からの意見・要望に対する議論といったものがあります。
また、卒業する三年生にビデオメッセージを製作するなど生徒会執行部と連携することもあります。このように運動以外のことに関する場面でも、体育部委員会が積極的に活動していくことで、学校全体をより良くしていければと思っています。
私たち体育部委員会は各部のリーダー格であることを自覚し、他の部員の模範となるべく、部活動はもちろんのこと、学業においても研鑽を怠らず、文武両道を体現したいと思います。

10seitokai04

我らが岡山操山高等学校の誇る図書館は、十一月下旬、大幅にその装いを変えた。何がどう変わったのか、ぜひその目で確かめてほしい。もちろん、変わったのは内装だけではない。
今年は図書委員初の試みとして、ブックハンティングなるものを行った。図書委員が書店へとおもむき、生徒の目線で本を選び購入した。新しい本の訪れによって、図書館に新たな風が吹きこみ、より一層にぎやかになった。
他にも様々な活動をしている。日々のカウンター当番、県立図書館のティーンズコーナーへの展示、図書館報の作成、スタンプラリーの開催、そして、昨年に引き続き、松柏祭で古本市を行った。
今年は、図書館にとっても図書委員にとっても大きな躍進を遂げた年になったのではないかと思う。図書館のさらなる発展と、たくさんの方々が図書館へ足を運んでくれることを願って、筆を置こう。

 

10seitokai05

皆さんは美化委員会がどのような活動をしているか知っていますか?個人で差異はあるかと思いますが、校内清掃に努めていただけるように喚起しているイメージが強いと思います。今回は、文面を介して少しでも美化委員の印象が変わり、来期では、美化委員会に入りたくなるような内容をお伝えできれば幸いです。
美化委員会では、大きく分けて二つ仕事があります。まず一つ目に、イメージ通り校内の美化に努めていただけるよう定期的に喚起を促すことです。二つ目に、月・木曜日に当番制で、ごみステーションであなたのクラスのごみを回収し分別するといった仕事です。おおまかに美化委員会の活動をお伝えするとここまでですが、私の考える美化委員になってもっともよい利点は、掃除が好きな人にとって最高の特権があるということです。それは、ズバリ掃除用具を変えることができるということです。掃除のやる気がなさそうな人をたびたび目にしますが、その人たちのやる気の発端として掃除用具があると思います。掃除用具はきれいな方がやる気になりますし、毛先がぼろぼろの箒ではなかなかきれいになりません。
校内をもっと楽しく掃除したい。と、一度でも感じたことのある方は、ぜひ美化委員会に入ることをお勧めします。

 

10seitokai06

みなさんは普段どのように運動をしているでしょうか。運動部に入って毎日汗を流している人もいれば、運動は苦手であまりしないという人もいるでしょう。しかし、どんな人でもスポーツを通じて元気になり、一つになって楽しめる、そんな教科が体育です。
私たち体育委員会の主な仕事は、球技大会や体育祭等の運営ですが、普段の授業の準備やサポートも行っています。中でも特に力を入れていることは挨拶についてです。つい早くやりたいという気持ちが先走ってしまい、体育の授業では始めと終わりの挨拶が雑になりがちです。しかし、きちんとした挨拶をすることで気持ちの切り替えができると同時に、スポーツマンシップを養うことができると私たちは考えています。体育で得られるものはスキルだけではありません。挨拶をはじめとした礼儀や生徒同士のコミュニケーションも大切にしていきたいです。
私たち体育委員会は皆さんがより良きスポーツライフを送ることができるように陰ながら努力していきたいと思います。

 

10seitokai07

私たち交通委員会は、みなさんが安全に登下校を行うことができ、また、気持ちの良い朝を迎えられるために日々活動しています。
主な活動内容は、月に一回程度の自転車点検、朝のあいさつ運動、二重ロックの呼びかけ等が挙げられます。近頃、スマートフォンの普及に伴い、「ながら携帯」「電車やバスの中での周りを顧りみない行為」が問題視されてきています。しかし、私達に出来るのは、各クラスの交通委員が生徒に注意を呼びかけるといった、あくまで「注意喚起」であり、それを実行するかどうかはみなさん次第です。みなさんが気持ちよく生活するために、ほんの少しの改善をして下さることを願っています。
これからもみなさんが安全に快適に学校生活を送ることができるよう、交通委員一同全力でサポートしていきますので、今後ともよろしくお願いします。

 

10seitokai08

こんにちは、保健委員会です。今年度も三つの班に分かれて活動しています。衛生班は、二酸化炭素濃度や照度などの教室環境の検査や水道水の水質検査、広報班は「レインボー」「保健新聞」の発行による啓蒙活動、調査統計班は校内アンケートの統計処理及び考察を行い、操山高校の健康課題の把握や広報に努めました。
全体活動としては、今年度の松柏祭では「操山生のスポーツ事情」というテーマを掲げ、今夏話題となった中国インターハイ・リオ五輪等と操山生の関わりを中心に展示をしました。今回はテーマに合わせて、本校の運動部・同好会の写真展示にも力を入れました。各部につき模造紙一枚を使い、写真だけではなく活動目標や実績等をインタビューして掲載したことで、その部らしさがより詳しくお伝えできたと思います。また、毎年恒例となっている肺活量測定等の人間ドックコーナーも設置し、校内外の多くの方がご参加くださいました。
二学期後半には、保健LHRを生徒保健委員会が主体となり実施しています。一年生は睡眠や生活リズム、二年生は歯の健康をテーマにパワーポイントを活用し、武道場で授業をおこないました。授業内容をより身近に感じられるように、各学年団の先生方や校長先生の体験談や実演(劇)を取り入れるなどの工夫をしました。「聞いたことを実践したい。」「印象に残った」等の声をたくさん頂きました。準備は大変でしたが、保健委員自身にとっても意義ある時間となりました。三年生は本校OBである産婦人科医師の金重恵美子先生をお迎えした性教育講演会を保健LHRとして実施し、保健委員が司会・講師紹介・謝辞を行っています。
こうした活動の成果をまとめ、保健総会(今年度は十二月)で学校医や先生方の前で報告します。保健委員会は一年間を通じ同じメンバーで活動を行っていくので、共同作業を通じ多くの交流があります。松柏祭前等は仕事が重なり時間のやりくりが大変な時期もありますが、手応えのある仕事なので、皆で楽しく頑張ってこれました。年度末までしっかり、保健室の岡本・佐々木先生と共に操山生を全力でサポートしていきたいと思います。

 

10seitokai10

私たち文化委員は、操山生にとって特別なイベントである松柏祭での模擬店の運営を行っています。
今年は、皆さんの大好きなサーティーワンアイスクリームを販売しました。アイスクリームを売るまでに、販売業者との交渉、チケット販売など、大変なことはたくさんありましたが、無事に完売することができて良かったです。しかし、改善点としてアイスクリームが固すぎて食べられないなどが挙がったので、次回から改善していきたいと思います。
そんな私たち文化委員にも悩みがあります。それは、仕事が少なすぎるということです。松柏祭を過ぎると、私たちの活動は全くありません。これでは、とてもじゃありませんが委員会活動が充実しているとはいえません。皆さん、どうか私たちに仕事をください。私たちも文化委員がよりよいものになるよう活動していくのでよろしくお願いします。

 

 

10seitokai09

私たち放送委員の主な仕事は、始・終業式での表彰伝達や年間行事における司会進行である。体育館ステージに向かって左端、マイクと紙を手に持って何やらそわそわとしている奴ら、それが放送委員だ。きどった声で(と思っているのは私だけかもしれないが)、ところどころ噛みながらも、スムーズな司会進行と伝達に努めるのが私たち放送委員の仕事だと自負しているが、そんな私たちにも悩みが一つ。主に委員長と副委員長のみに当てはまることかもしれないが、「松柏祭三日目のフィナーレに参加できないこと」。これである。確かに、放送席での仕事は日焼けもせず座っての仕事なので楽といえば楽だろう。だが、輪になって大声で歌う校歌を五メートル離れて聞く寂しさ。優勝ブロックが胴上げをして盛り上がっている声と、「危ないのでやめてください。」と注意する機械越しの声との温度差。どうにかプログラムを変更し、放送委員もフィナーレに参加できないかと交渉したい所である。

 

選挙管理委員会

選挙管理委員会は生徒会役員選挙を厳正かつ円滑に進行するために存在する。生徒全員が所属する場である学校の代表者たちを決定するという非常に重要な委員会だ。
先日行われた「アメリカ大統領選」では、ただうそぶいていただけのようにも思えた「トランプ」氏が、意外にも当選を果たした。今後の世界の状況がどうなっていくのか、非常に懸念されている事は皆さんもご存じであろう。そんな大統領選がスムーズに進行したのも、選挙管理委員会の力があってのことである。


生徒会執行部・各種委員会の原稿は、校誌「操山」第60号(2016年3月1日発行)から引用しています。